新築住宅は多くの夢を詰め込めるだけでなく担保的な価値も大きい

サイトマップ

リビングダイニング

ピックアップ

想像通りの新築住宅を、上手く建てるには?

家

新築住宅を建てる事とは、ご家族にとって、以降での人生などを大きく左右する、大変重要でもある、1大事業へと必ず繋がって行きます。その為ご家族の皆さん達の、これからの人生計画や、大切なスケジュールなどを、充分に考慮しながら、理想的な新築住宅を、上手く建設しなくては行けません。この中では、好きな新築の外観や、想像している間取りの希望などを中心として、しっかりと話し合って行きます。
その他にも、サッシ、トイレ、洗面所や台所の流し、ユニットバスなどを代表として、様々な意見などを、じっくりと交わし合って行くようにします。ご家族全員が問題なく納得出来るような、素敵な新築住宅プランなどを、ちゃんと立てて行かなくてはなりません。
例えば、「理想通りの新居を、ちゃんと建てたい!」などと言った具合に、強い願いがあったとします。但し現実に建築する事になると、数多くの悩ましい問題などが、結構多く現れて来てしまうものです。なのでトラブルなどが一切起こる事なく、新築工事へとすんなりと入れない事が、意外に多く実在します。ご家族の皆さん方が、頭の中へと思い描いている、素晴らしい新住宅を、完璧に建てて行く為には、全員の考えや意見などが、全て一致しなくは、実現する事がまず不可能になってしまいます。ですので、ご家族の皆さん達にとって、魅力的な新居へとなるように、全員で何度も話し合って行かねばなりません。

新築住宅の魅力の大きさについて

マイホームが欲しいというときに、新築住宅というのは大変魅力的な価値があります。その価値としては、やはり自分がどのような間取りでどのようなものが欲しいのかというようなことが選びやすいことです。新築ですと、自分が欲しいと思負うような間取りを建築会社の方と相談したり、設計をしてもらったりすることができますし、土地に関しても、自分が住みたい土地を選べたりもしますので、新築住宅というのは選択面で大変魅力的です。
中古と比べても、建物の耐久年数も数倍違ってくるだけでなく、リフォームの必要性もないです。
集合住宅とも違い、自分の都合でリフォームも可能ですから世帯が変わってもそれに伴って間取りを変更したりすることも可能ですし、そのタイミングも作った住人が自由に期間を選択しやすいものです。新築住宅は建物そのものの価値だけでなく、担保的な価値も大きいのも大変魅力です。新築でありますれば、住宅としての価値も高く土地と建物を合わせて大きなお金を借りられるようなこともできます。
新築住宅というものには、その建物を建てる際に多くの夢を詰め込めるだけではなく、多くの面で新築住宅以外のものにはない魅力的な部分があるのです。

新築物件と火災保険証券

新築住宅が完成したら、必ず手続きしておきたいのが火災保険です。失火責任法という法律のため、仮に隣家からのもらい火で自分の家が全焼してしまったとしても隣家に弁償の義務は発生しないからです。住宅ローンを利用する人であれば、住宅ローンの契約時に銀行から「火災保険の証券コピーを見せてください」等と言われるので、手続きを忘れる人はいないと思います。よって、新築住宅の火災保険だからこそ気をつけておきたいポイントを1つお伝えします。
それは、火災保険を契約する時の住所です。新築住宅が業者より引き渡されたその日から火災保険の契約が始まるのが一般的が、引渡しと同日に引越しをするわけではありませんよね?しかし、引渡し日に新築住宅に住んでいないにも関わらず、火災保険の契約を新築住宅がある住所にしてしまうと、配達員の方が「この新しい家は誰の家だろう?」ということで判断できず、持ち帰られてしまう可能性があるのです。郵便局側だって誤配を避けたいですからね。よって、契約時の書類には現住所を記入し、保険の目的となる物件情報の欄に新住所を書いておいた方が確実に証券は手元に届きます。
現住所=保険の目的がある住所にする手続きは、引越しの後でも大丈夫です。証券が返送されていつまでも手元に届かない状態を作るよりは、あえて旧住所に届けてもらった方が確実ですし、時間のロスも少なくて済みます。

関連記事

ダイニング

2016/07/07

新築住宅と耐震性に関する特色

ここ最近では、人々は住宅に対して耐震性を求めています。なぜなら、その天災に興味をお持ちの方々が増加傾向にあるのです。ところで住宅の築年数は、実は耐震性とは密接な関連性があるのです。結論から言えば、耐震性が高めな住宅を望むなら、新築物件に着目すると良いでしょう。なぜなら、新築住宅は総じて…

リビング

2016/07/07

土地と建物のバランスが重要

新築住宅の土地が見つかったら、次はいよいよ建物ですね。外壁はこうで、室内クロスはこんな色、カウンターキッチンにして...。早速建物の打ち合わせ!となるのも分かりますがまだ早いです。その土地に対して、建物や庭、駐車場等をどのように配置すべきかを考えます。一概に土地といっても大きさ、形もさまざまで…

ダイニングテーブル

2016/07/07

新築住宅のメリット

家を購入する際に、中古にするか新築にするか大きく迷うところですが、できれば新築住宅を購入したいというのが本音だという人はかなり多いはずです。そこで、新築住宅のメリットとは何かについて見ていきます。まず第一に新築住宅の最大のメリットとして挙げられるのは、やはり新築だということです。誰も住…

クローバーと家

2016/07/07

新築住宅のメーカーをどこにすればいいのか

これから新築住宅を建てていきたいけれども、どこのメーカーにすればいいのか迷っている人はいると思います。新築住宅を建てていくためには、やはり自分が満足できるようなメーカーにしていったほうが良いでしょう。新築住宅というのは、メーカーによってかなりデザインが違っていたり、建て方が違ってくるで…

TOP